オリジナルセミナー

”魅せる”伝え方を学ぶ!CSC-JAPAN講師養成講座のススメ vol.2

さぁ!今日はCSC-JAPAN講師養成講座について紹介していくょ~♪どんなことをしているのかな~?

例えば、朗読(本読み)において、

プロのナレーターが読むのと、素人が読むのとでは

聴いていて差があることは歴然ですよね。

 

このように、同じ文章を読んでいるにもかかわらず、

聴き手に”聴かせる”話し方のベースには、

大きく分けて3つのポイントがあります。

  1. 緩急の使い分け
  2. 滑舌
  3. ステイト

今回のCSC-JAPAN講師養成講座でも

この3つのポイントを重点的に強化しつつ、

実践にもすぐに活かせるようにという内容で進行されました✨

 

では、この3つのポイントをそれぞれ詳しく見ていきましょう!

 

緩急を使い分けるとは?

「緩急(かんきゅう)」とは、

読んで字のごとく、「緩やかなことと、急ぐこと」。

 

野球などでもよく「緩急自在の投球」などと聞かれますね。

ゆっくりな球と早い球を使い分けることによって、

より相手が投球に集中するようになります。

 

そして、その原理は話す上でも活用できるのです!

 

では、話をする中での緩急とは、

どこでつけられるでしょうか?

えぇ~っと、話すスピード・・かな??

そう!正解です♪

それに加えて、声の大きさもあります。

 

話すスピードを速くしたり、遅くしたり、

声を大きくしたり、小さくしたりすることで、

臨場感のある話し方ができたり、

より注意を引きやすくなります。

 

さらに、もとっても大事!

話が上手い人は「間(ま)」の取り方がとっても上手です!

 

以上をまとめると、

話す中で緩急を変化させる要素は、

  • 話すスピード
  • 声の大きさ

の大きく分けて3つで、

それぞれを組み合わせ、目的を持って使い分けることが

「緩急を使い分ける」ということです!

 

話のテンポやボリュームが一定だと、

どんないい話も頭に入ってきにくいもの・・

 

たとえ30秒程度の自己紹介だけだとしても、

この「緩急」を意識するだけで

相手の注意を引きやすいものとなります。

なるほど~!たった数十秒の中でも使えるテクニックだね!
それだけで相手の意識に上がりやすくなるとは、驚きだな~

講座の中でもさっそく、

「緩急」を意識して話す練習をしました!

 

・・・・これが、また、

慣れないうちは上手くできないもので・・・(;^ω^)💦

 

人前で話す緊張感から早口になったり、

気恥ずかしさから、声が小さくなったり、

考えすぎて、言葉が出てこなくなったり、、、

 

自分が思っているよりも

緩急のコントロールって、

簡単ではないっっ!!!Σ(゚Д゚)💦

 

ということを身をもって分かることから始まりますね(笑)

 

やはり、練習は大事です💖

 

講座の中では、

お互いが「発表者」と「聴衆」に分かれ、

実践さながら、

みんなの前に立って、

緩急を意識して話す練習、練習!

 

どこをゆっくり言うか、早く言うか、

どこで声を小さくするか、大きくするか、

間をどれぐらい、どのタイミングでとるか

などなど、

 

何度も試行錯誤し、

お互いにアドバイスしたりしながら、

繰り返し繰り返し練習です✨

 

みんな、

やればやるほど

メキメキと上手くなっていく様子が

見て取れました✨

突然ですが、受講生さんにインタビュー!
この緩急をつけるトレーニング、どうだった?
頭で理解していても、いざやってみるとできない(笑)
練習って大事ですね。
 

 

みんなのを聞いていて気づいたのですが、
最初より格段に聴きやすくなってる!すごい!!
 

 

今までのセミナーと全然違う内容で刺激的です(笑)
人前で話すことに特化してるのがよく分かる!
 

などなど、

いろいろな気づきを経て

メキメキと素晴らしい成長をするみんなに

さらなる試練・・

いやいや、武器となるテクニックを

伝授する旅はまだつづくのであった。。(笑)

 

ということで、

今回は少し長くなったので、

ポイント2以降は次回に続きます|д゚)✨

 

◆◆◆お知らせ◆◆◆

2022年NLPコーチ™養成講座の日程リリース致しました✨
詳細はセミナー日程一覧から👍

Instagramにてセミナーの様子等アップ中✨


◆◆◆募集中のセミナー◆◆◆

\最新日程随時アップ!/
開催セミナー一覧表はコチラから


LINEで最新セミナー日程をすぐお知らせ!

友だち追加